雑木林の黄葉が見頃です
b0168808_21483992.jpg

宮野入谷戸

モミジのような派手さはありませんが、深みのある落ち着いた色合いが雑木林の黄葉の魅力です。
里山の雑木林に一番多いコナラは、赤茶けた葉、黄色味の強い葉、緑色の残った葉など、木によって少しずつ色合いが違います。
そこに黒々としたモミなど、他の木が入ることでさらに豊かな色の幅が生まれる。
多様な木があること、つまり雑木林であることがこの美しい黄葉の風景を作り出すのです。

b0168808_21485636.jpg

アオハダの黄葉

光が差した林の中では、アオハダやコアジサイの葉が黄金色に輝きます。
手入れされた明るい雑木林ならではの美しさです。

里山民家周辺は公園内で黄葉が最も美しい場所の一つです。
それは、広々とした田んぼの向こうに雑木林全体を眺めることができるから。
里山で暮らしていた人たちは毎日この景色を見て、季節の移ろいを感じていたのでしょうか。

晩秋の雑木林を散策して、その美しさを感じてみませんか?
by noyama-p01 | 2010-12-01 21:49 | 見ごろ情報
<< 雑木林の忍者 季節の見どころ<干し柿> >>