野鳥のお気にいり
公園を巡回中、あるものを見つけました。
土地の境界を示す杭です。これを見て、皆さんは何を思いますか?
「黄色い境界の杭だなぁ」と思うでしょうか。
b0168808_10134270.jpg

私はこれを見て、「ここは野鳥のお気に入りの場所だな」と思いました。
杭のてっぺんを良く見るとその答えがあります。

鳥のふんが付いているのが分かります。それも、何度か付いているように見えます。
これは、野鳥がこの場所によくとまっている証拠なのです!
b0168808_1717259.jpg



周辺を見渡すと、鳥の影が見えました。
「ヒッツヒッツ…」と鳴いています。
ルリビタキでした。
b0168808_17181410.jpg

杭の上や木の先にとまって辺りを見回し、そのあとに地上に降りて、落ちた実や隠れた虫などを捕らえて食べています。食べ終わると再び杭の上へ乗って辺りをまた見回しています。
そんな行動を繰り返していました。その時にふんが付くのでしょう。
杭の様子に気づかなければ、通り過ぎていたかもしれません。



杭繋がりでもう一つ。

ルリビタキを見終え、巡回を続けていると今度は別の杭のそばで「ガサガサ・・・」と大きな物音が聞こえました。羽がバタバタするのが見え、野鳥同士の取っ組み合いのようでした。
間もなく取っ組み合いが終わり、杭のそばから一羽のシロハラが、のそのそと歩いて出てきました。
b0168808_1719367.jpg

杭の方をもう一度よく見てみると…
トラツグミです。
b0168808_10165027.jpg

たまたま杭のそばで良い食べ物をみつけたのか、場所の取り合いをしていたようです。
トラツグミとシロハラの喧嘩は初めて見ましたが「お気にいり」の場所の取り合いはシロハラよりも体の大きいトラツグミに軍杯が上がったようです。

喧嘩のあと。落ち葉がその場所だけ吹き飛んでいました。
b0168808_1742482.jpg

喧嘩に負けてしまったシロハラも、気を取り直して別の場所で食べものを探し始めていました。勝った方も、負けた方もさっぱりした様子。潔ささえ感じます。野生の生き物たちのドラマを垣間見ることができた瞬間でした。
b0168808_17432135.jpg


ひっそりと静かな冬の雑木林。
鳥たちの物音に耳を済ませながら歩くと、こんな瞬間に出会えるチャンスがあるかもしれません。
by noyama-p01 | 2011-02-06 17:30 | 生き物情報
<< 雪が降っています! 1/30里山スローライフ講座「... >>