ビニールハウスで見つけた、小さな命の営み
里山民家のビニールハウスの中で、田んぼの種まき準備のための草取りをしていたときのこと。
置いてあった杭や板をどけると…

b0168808_955355.jpg


ナメクジと卵が発見されました!

ご存じでしょうか?ナメクジは、カタツムリの仲間なのです。
卵の横にいるのは、お母さんでしょうか?
実は、ナメクジは、一匹がお父さんでもあり、お母さんでもあるのです。
2匹のナメクジが出会うと、お互いに「お父さん」の役目をはたし、「お母さん」として卵を産みます。

ビニールハウスの片隅で、小さな命の営みを目にすることができました。
卵が孵って、赤ちゃんたちを見られるのがとても楽しみです♪

自然に目を向けてみてください。
季節は着実に移りかわっています。 
小さな生き物たちの命の営み、日々色濃くなってゆく新緑…。
きっと力をもらえますよ!
by noyama-p01 | 2011-04-28 09:06
<< 里山春祭り準備本格化! 春の野鳥観察 >>