カテゴリ:公園イベント( 80 )
どんぐりの苗を植えよう! (3/11)
いつも雑木林で下草刈りや除伐などを行っている雑木林ボランティアの皆さん。
‘伐る’だけでなく、‘育てる’こともぜひやろう!との声があがり
「どんぐりの苗を植えよう」イベントが行われました。

本日3/11は、東日本大震災から1年になる節目の日。
植林の前に、みんなで被災地への祈りを込めて黙祷(もくとう)をしました。

まずは、‘森の先生’松井さんから、苗植えのデモンストレーション。
b0168808_21502559.jpg



そして、苗植えスタート!
今回植えるのは、「コナラ」の苗。
ボランティアが大事に育てて来ました。
親子で仲良く苗を植えていきます。
b0168808_21503531.jpg



今はまだ、みんなより小さな木だけれど、
いつかみんなより大きな木になるのが楽しみですね。
植林後は、子どもたちからこんな感想が。
b0168808_21505394.jpg



苗木を植えたことは、まだ始めの第一歩でしかありません。
夏を迎える前にはきっと草に覆われてしまうでしょう。
大きく成長していくためには、下草刈りなどの手入れが必要になります。
ぜひまた活動に来て、みんなで大切に成長を見守っていきましょう!
b0168808_21511617.jpg



ここから、未来の雑木林ボランティアが誕生するかも!?
雑木林ボランティアのみなさん、準備から片づけまでお疲れ様でした!
by noyama-p01 | 2012-03-11 21:52 | 公園イベント
竹でつくる暮らしの道具(2/12・25)
里山スローライフ講座の第3弾「竹でつくる暮らしの道具」が行われました!
講師は、おなじみ‘長野修平さん(ネイチャーワークス)’です。
2回連続講座の第1回目は、竹を使って‘マイ箸’づくり、
第2回目は竹の‘トング’づくりでした。

まずは、第1回目の様子から。
里山スローライフ講座は材料採取から始まります。
長野さんから、「材料に適した竹の選び方」や「伐採の仕方」などのレクチャーを
いただきながら、公園の竹林から竹を切り出します。
b0168808_2213272.jpg



作る箸の長さに合わせて切り出していきます。
だんだん細かくなっていく作業に皆さんも真剣そのもの。
b0168808_2214554.jpg



形を整え、やすりを使って丁寧に磨いている様子からは、
理想の作品づくりへの強い想いが感じられました。
b0168808_2215419.jpg



午後からは、箸入れづくり。
真竹と虎竹から好きな方を選び、デザインもその人によって違う、
世界で一つだけのオリジナル箸入れが完成!
b0168808_222487.jpg



「会心の出来!」「里山民家に来るときに、持ってきます。」など、
皆さん大満足だったようです!

続いて、第2回目の‘竹トング’づくり。

切り出しまでは前回とほぼ同じ作業内容ですが、
今回はだんだんと難易度が増してきます。
2本に切り出した竹を削って、持ち手の連結部を合わせます。
少しでも角度が合わないと歪んでしまい、うまく物が挟めなくなってしまう繊細な作業。
b0168808_2222022.jpg



最後は、銅線を巻いて固定すると完成です。
長野さんによれば、銅は殺菌作用があるため台所道具にはもってこい!だそう。
b0168808_2223323.jpg



「箸づくりよりも難しかった。」と苦戦した今回の‘トング’づくり。
完成した作品がこちら!
b0168808_2224280.jpg



これで今年度の里山スローライフ講座の全講座が終了!
「物づくりの楽しさだけでなく自分を見つめる機会にもなったような気がします!」との声も。
物づくりの‘スロー’な時間から、きっと大切な何かを学べるこの講座。
来年度は一体どんな作品・人びとに出会えるでしょうか?
by noyama-p01 | 2012-03-10 21:59 | 公園イベント
茅葺き屋根の葺き替え技術~ (2/2,2/4)
茅葺き屋根の葺き替え工事が行われている里山民家で、作業の見学イベントが行われました!
今では滅多に目にすることができなくなった貴重な葺き替えの様子を、
ぜひ、多くの方に間近で見ていただきたいと、
西部公園緑地事務所と茅葺職人の皆さん、設計会社の皆さんと一緒に実施したものです。
b0168808_20551164.jpg



公園スタッフは、地元の伝統羽織‘村山大島紬’に袖を通し、お出迎えしました。
民家にはぴったりの衣装で、参加者の皆さんからも大好評!
b0168808_2055202.jpg



今回、見学イベントのために特設デッキが登場。
屋根を間近に見られる高さに設置されているため、
安全帯の装着をしていただきました。
「安全帯」と呼ばれるベルトは、初めて付ける方も多く、
「なんかかっこいいね!」と嬉しそうな声も。
b0168808_2055314.jpg



見学デッキでは、茅葺き職人の武山親方と舩木(ふなき)氏が職人の技をご紹介。
子どもたちも、親方の丁寧な説明と初めて見る道具に興味津々!
「僕もこの道具作りたいなぁ。」
「じゃあ、将来は茅葺き屋根職人だな!」
このイベントがきっかけで、未来の職人が誕生するかもしれませんね。
b0168808_20554473.jpg



見学だけではなく、パークレンジャーによる
「茅」にまつわる話や母屋の歴史についての解説も行いました!

大畑レンジャーからは、今回使われている材料の「茅」についての説明や、
その茅と密接に関わりを持つ生き物たちについてのお話。
b0168808_20565252.jpg



丹レンジャーからは、母屋の特徴や成り立ちについてのお話。
「座敷から奥に行くにつれて壁や建具が変わり、お部屋の格が上がっていきます。」
初めて来た参加者の方も、いつも来ている公園ボランティアの参加者の方も、
「へぇ~。」と深くうなずいていました。
b0168808_205727.jpg



2日間で、参加者数のべ88名!
大盛況のうちにイベントを終えることができました。

葺き替え作業は、3月上旬まで行う予定です。
茅葺き作業を見られる期間も後わずか。
まだ来園されていない方はぜひ、お越しください!
スタッフ一同お待ちしています。
by noyama-p01 | 2012-02-14 20:53 | 公園イベント
自然素材を活用した、自分だけのこだわり雑貨づくりに挑戦しませんか?
里山の恵みを活用した暮らしの道具づくりにチャレンジする
「里山スローライフ講座 第3弾(2/12・25)」を開催します!
古民家を中心に、雑木林や田んぼが広がる里山の風景の中で、
材料採取から物づくりをじっくり行う2回連続講座です。
b0168808_11552219.jpg



今回(第3弾)は、日本人の生活には欠かせない「竹」を使って、
自分だけのmy竹箸やサラダトングづくりに挑戦♪

アウトドアはもちろん、普段の生活でも大活躍!
自然素材を活用した自分だけのこだわり雑貨を
暮らしの中に取り入れてみませんか?
b0168808_1155359.jpg



講師は、「長野修平さん(ネイチャーワークス)」。
昔ながらの知恵や技術を大切にしつつ、
現代のライフスタイルに合った作品づくりをされている
ネイチャークラフト作家です!

初めての方も大丈夫!
道具の扱い方や作品の手入れ方法など、
長野さんが丁寧に教えてくれますよ♪

里山スローライフ講座 第3段「竹でつくる暮らしの道具(2/12・25)」 
お申し込みはこちらから
*定員になり次第締め切りです!
by noyama-p01 | 2012-01-30 11:56 | 公園イベント
オギ(ススキの仲間)で‘ほうき’づくり!(1/9)
里山スローライフ講座の第2弾「里山素材のそうじ道具」では、
オギ(ススキの仲間)を活用した‘ほうき’づくりを行いました!
2回連続講座1回目の今日は、材料採取とオギだけで創るほうきづくりです。

講師は、おなじみ‘長野修平さん(ネイチャーワークス)’です。
まずは、里山スローライフ講座の醍醐味である材料採取から。
今回の材料は、湿った場所に生えている‘オギ’。
ススキによく似た仲間ですが、ススキよりも粘りがあり丈夫で、
ほうきに適した素材です。
b0168808_16243710.jpg



長野さんにポイントを教えてもらい、さっそく作業スタート!
刈り取ったオギを整理し、丁寧に種を取っていきます。
b0168808_16245271.jpg



「すごくきれいな小金色!」「茎がつるつるでキレイ!」
みんなで力を合わせて作業を進めるうちに、
ただの風景の一部だったオギが、
一つ一つが愛おしいほうきの材料に変身していきます。
b0168808_1625467.jpg



午後からは、レクチャーを受け、さっそくほうきづくりにチャレンジ!
茎をそのまま活用した、オギだけでつくるほうきを創ります。
b0168808_162517100.jpg



自分で採取した材料だけあって、一本一本丁寧にオギを扱います。
完成したときの喜びはひとしお♪
b0168808_1625287.jpg



みなさんの想いとこだわりが詰まった、ステキなほうきが次々完成!
次回は、雑木林の枝を使って、柄付きのほうきづくりにチャレンジします。
今度はどんなほうきになるか、楽しみですね♪

*第3弾「竹でつくる暮らしの道具(2/12・25)」では、
竹のmyお箸とサラダのトングづくりに挑戦します。
申込締切は、1月27日(金)まで。お申込みはお早めに!
by noyama-p01 | 2012-01-09 16:19 | 公園イベント
里山民家のお正月(1/5)
明けましておめでとうございます。
1月4日から、里山民家も通常通り開園しています。

さて、新年を迎え、正月の装いとなった里山民家をご紹介します!

まずは、正面入り口の腕木門前。
公園で採れた竹・松・笹・梅などを使って、
ボランティアの皆さんが作った門松がお出迎えしてくれます。
*その時の活動の様子は、こちら。
b0168808_1550586.jpg


腕木門を抜けると、前庭では、お正月遊びが体験できます。
羽根つきにコマ回し、けん玉に、竹ぽっくり。
今日は近所の保育園児たちが元気いっぱいに遊んでいました!
*「お正月遊び」は、1/4(水)~1/9(月祝)の、10時~15時の間体験できます。
b0168808_15524721.jpg


茅葺き屋根の葺き替え工事が予定される里山民家の正面入り口には、
注連(しめ)飾りが飾られています。
こちらも公園の稲わらとみかんを使ってボランティアさんが作ってくださいました。
*12月に行われた正月飾りづくりのイベントの様子は、こちら。
b0168808_15552163.jpg



母屋の中に入ると、ボランティア力作のミニ門松と「里山折り紙くらぶ」の皆さんが折ってくれた鶴が、土間の上り口を趣深く彩ります。
b0168808_15554843.jpg



お座敷でもお正月遊びが楽しめます。
回しゴマやおはじき・福笑い・だるま落とし・すごろく・かるた。
すごろくとかるたは、ボランティアさんと一緒に創った里山民家オリジナルです!
ここでしか遊べません。ぜひお試しください。
b0168808_1556538.jpg



さて、仕事始めの4日は、地元の「村山大島紬」に袖を通したスタッフが、
来園者の皆さんをお出迎えしました。
まるで、母屋の中だけタイムスリップしたかのようでした。
b0168808_15563941.jpg




平成24年も、「来てよかった!」「いつ来ても気持ちが良い。」と思っていただけるような公園を目指し、スタッフ一同、より精進してまいります。
変わらぬご支援の程、どうぞよろしくお願い致します!
by noyama-p01 | 2012-01-07 15:57 | 公園イベント
里山収穫祭大成功! (12/18)
朝からすばらしい青空が広がった日、今年も里山収穫祭が盛大に開催されました。
公園の田んぼで育てたもち米で餅つきしたり、
畑で穫れた野菜を使ったけんちん汁が振る舞われたり、
里山の恵みをたくさんの人と分かち合い、感謝する一日です!
b0168808_1124536.jpg


まずはレンジャーと一緒にガイドウォークに出発。
冬鳥など自然観察をしながら、みんなで田んぼにも行ってみました。
今年の田んぼ作業には、公園ボランティアを始め、イベント参加者・地元高校生など
年間のべ1,520名もの人たちが汗を流してくれました!
今日味わうお米は、たくさんの人に育てられたのですね。
b0168808_11251645.jpg



また、地元で活動されている「岸重松囃子保存会」のみなさんが、
今年も演奏に来てくださいました。
最年少の踊り手は、なんと4歳の男の子!
地元の伝統文化がしっかりと引き継がれています。
仰向けになり足にお面をつけて演じる ‘足踊り’なども披露され、
お祭りを華やかに盛り上げてくださいました。
b0168808_11253162.jpg



ボランティアの子ども達も、餅丸めや接客対応など大奮闘!
参加者はもちろん、ボランティアのみんなも笑顔が溢れる一日となりました。
b0168808_11254894.jpg



閉会式では、一年間、里山の風景づくりに携わった公園ボランティアへ感謝状が贈られました。
b0168808_112652.jpg


収穫祭当日の協力ボランティアは、のべ74名!
参加者はのべ450名!
b0168808_11262462.jpg



里山三大祭りのラストを飾る‘収穫祭’も、
ボランティアのみなさんの情熱と愛情のおかげで大成功!!
みなさんが生きいきと活動している姿は、すっかりこの里山風景の一つとなりました。

一年間本当にお疲れ様でした。
来年もどうぞよろしくお願いします!
by noyama-p01 | 2011-12-24 11:27 | 公園イベント
お正月飾りづくり(12/11)
民家の庭も畑も、霜で真っ白に覆われ、冬本番となったこの日。
わら細工教室受講生の指導の下、「正月飾りづくり」が行われました!
今回、使用したわらは公園の稲わらを利用しています。
b0168808_1825469.jpg


わら細工教室は、里山の人気教室の一つ。年間登録制で月に一度活動しています。
講師は公園ボランティアの尾崎さんと持丸さん。
この日も中心となって指導してくださいました。

まずはわらをすぐります。根に近い部分の袴(はかま)を取り除きます。
見た目もきれいになるだけでなく、作業もしやすくなります。
b0168808_18251484.jpg


きれいにすぐったら、次は一本一本丁寧にわらを綯(な)っていきます。
「髪の毛を編むのとは全然違う!」と苦戦しながらもこの出来栄え。
b0168808_18252418.jpg


わらの束を綯い、円形にすると、本体のできあがり。
b0168808_18253465.jpg


最後に、水引や紙垂(しで)で飾り付けしたら正月飾りの完成です!
b0168808_18254327.jpg


最後は自分の作品を手に記念撮影。
講師の尾崎さんから、「お米は毎日食べるものですが、わらのありがたさも感じてくださいね。」
との言葉をいただきました。
新年を迎える準備が整った、気持ちの良い青空の日曜日となりました。
by noyama-p01 | 2011-12-20 18:28 | 公園イベント
~森の落し物~冬の里山でペンダントづくり(12/10)
今日は冬の里山でゲームをしたり、鳥の声を聞きながら歩いて森の落し物を探します。
落ち葉や木の実、松ぼっくり・・。見つけたもので里山ペンダントを作りましょう!
どんなペンダントが出来るかな?


冬の里山ではどんな自然に出会えるんだろう。林の中から鳥の声が聞こえてくるよ。
草原ではモグラの穴がたくさんあいているよ。森の中には何があるかな?「西の森」に入ってみよう!
b0168808_2194454.png


いろいろな形の落ち葉や、いろいろな色の木の実。
丸いもの。きれいなもの。かっこいいもの・・・。
お気に入りは見つかったかな?
b0168808_2110077.png


みんなで見せ合いっこしよう!
「せーの!」
色も形も大きさも、みんな全然ちがうね。
同じものなんて一つもないんだね。
b0168808_21101417.png


自然の中で見つけたもので、「里山ペンダント」を作ろう!
今日見たこと。聞いたこと。感じたことを自由に形にしてみよう!
b0168808_2124734.png


どんなペンダントが出来るのかな?
たのしみ、たのしみ・・・。
b0168808_21242058.png


「できたよ!!」
お母さんもにっこり。
b0168808_21251065.png



お姉さんは美味しそうなデザートを作ってくれました。
弟の男の子はとっても不思議な鳥を作ってくれました。
b0168808_21253448.png

みんな素敵なペンダントができたね。
里山にはたくさんの自然があって、いろんな遊び方や、楽しみ方があります。
また里山民家に遊びに来てください!
by noyama-p01 | 2011-12-13 21:04 | 公園イベント
みかんのおいしい季節(11/27)
園内のみかん畑では、毎年ボランティア活動でみかん狩りをしています。
農薬や化学肥料を与えず、自然の恵みの雨と太陽の光を栄養に、
今年も実りの季節を迎えました。
b0168808_2211418.jpg


まずは、赤坂のインフォメーションセンターに集合。
「村山みかん」のパイオニアである‘下田みかん園’の下田義雄氏より
みかん栽培の歴史を紹介していただきました。
「おいしいみかんの見分け方は?」「みかんの剪定時期は?」などの質問があり、
ボランティアのみなさんも興味津々でした!
b0168808_2212348.jpg


身支度を整え、いざ出発!
歩いて10分ほどのみかん畑は、南斜面になっていて、日当たりバツグン。
天気の良い日には、武蔵村山市を見渡すことができます!
この日は、運よく富士山も見ることができました。
b0168808_2213357.jpg


みかん狩りのポイントを確認したら、さっそく開始!
初めて体験する子どもたちも、
大人たちに教えてもらいながら上手に収穫していました。
b0168808_2214862.jpg


気になる今年の収穫量は・・・。
なんと、1トンを超えました!(昨年は約850㎏)
参加されたみなさん、本当にお疲れ様でした!
b0168808_2215636.jpg


すっぱいけど甘い!昔ながらの味が自慢のみかん。
12/18(日)に行われる収穫祭などで、
サポーター基金にご協力いただきながら、みなさんにお分けする予定です。
遊びにいらした際は、ぜひ味見してみてください♪
by noyama-p01 | 2011-12-06 22:02 | 公園イベント