<   2011年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧
年末年始の公園施設休館のお知らせ
野山北・六道山公園インフォメーションセンター(管理所)、里山民家(駐車場を含む)は、12/29(木)~1/3(火)の期間休館いたします。新年は1/4(水)より通常どおり開館いたします。どうぞよろしくお願いいたします。
by noyama-p01 | 2011-12-28 15:10 | インフォメーションセンター
里山民家茅葺屋根を改修します
今冬、里山民家の茅葺屋根を改修します。
里山民家のまわりに足場が設置され、縁側が使えなかったりとご来園の皆様にはご迷惑をお掛けいたします。ご了承くださいませ。
b0168808_16191061.jpg

※現在の里山民家の状況です

工事期間中には、茅葺屋根の葺き替えを見学するイベントを開催いたします。
この機会にぜひご参加ください。

イベント内容はこちら!
by noyama-p01 | 2011-12-25 11:31 | その他
里山民家のお正月支度(12/24)
クリスマスイブの12月24日(土)。
里山民家では、総勢38名の公園ボランティアが集結!
「門松づくり」や「すす払い」などお正月の準備が行われました。

まずは、「門松づくり」。
使用する竹やワラ、マツ、クマザサは、もちろん公園産です。
b0168808_22281825.jpg



あーでもない、こーでもないと
おしゃべりと笑い声が止まりません。
b0168808_22283557.jpg



みんなの笑顔につられて、
門松も思わず笑っちゃった!?
b0168808_22284642.jpg



その頃、民家では、一年間の‘すす’やホコリを落とし、
感謝を込めて大掃除。
b0168808_2229319.jpg



子ども達も一生懸命、頑張ってくれました!
b0168808_22294130.jpg


納屋の前では、畑で収穫し干したダイコンを使って、
‘たくあん’づくり。
こちらも負けず劣らず賑やか♪
b0168808_22295478.jpg



お腹がすいたな~と思った頃、
民家の‘かまど’では、公園のお米を使った白いご飯とお味噌汁が完成。
来園者のみなさんにも振る舞われ、
「‘かまど’で炊いたご飯は、美味しい!」と大好評。
b0168808_2230685.jpg



午後2時頃、里山の恵みとみんなの愛情がこもった、
立派な門松が完成!!
母屋の正面玄関である‘腕木門’の前にしっかりと設置されました。
b0168808_22301836.jpg



今年は、震災があり、大変なこともありましたが、
たくさんの想いと笑顔で支えられた里山民家。
一年間、本当にありがとうございました!
来年もたくさんの笑顔と笑い声に出会える年になりますように…。
by noyama-p01 | 2011-12-24 22:31 | 野山北・六道山公園ボランティア
「ガサガサ」と音をたてる鳥
冬鳥の中には、やぶを好む野鳥がいます。道脇のやぶなど「ガサガサ」
と音が聞こえたら、その方向を暫く見てみましょう。

ウグイス
b0168808_22181314.jpg

春に「ホーホケキョ」と鳴きますが、冬は「チャッチャッ」
と鳴きます。ササやぶ等で見られます。



アオジ
b0168808_22182616.jpg

「チッ・チッ」という、高い声
で短く鳴きます。やぶの上に
つるが絡まり、トンネル状に
なった所も好んで利用します。



シロハラ
b0168808_22183772.jpg

林の中で落ち葉をかき分けな
がら木の実や虫を探していま
す。驚いて逃げる時などは
「ピュロロロロ…」と鳴きます。




野鳥を探す時に、まずは目よりも音をたよりに探すのがおすすめです。
鳴き声だけでなく、食べ物を探すときに出す音も大きな手掛かりになります。
冬の里山を、耳を澄ませながら歩いてみてはいかがでしょうか?
by noyama-p01 | 2011-12-24 22:18 | 生き物情報
里山収穫祭大成功! (12/18)
朝からすばらしい青空が広がった日、今年も里山収穫祭が盛大に開催されました。
公園の田んぼで育てたもち米で餅つきしたり、
畑で穫れた野菜を使ったけんちん汁が振る舞われたり、
里山の恵みをたくさんの人と分かち合い、感謝する一日です!
b0168808_1124536.jpg


まずはレンジャーと一緒にガイドウォークに出発。
冬鳥など自然観察をしながら、みんなで田んぼにも行ってみました。
今年の田んぼ作業には、公園ボランティアを始め、イベント参加者・地元高校生など
年間のべ1,520名もの人たちが汗を流してくれました!
今日味わうお米は、たくさんの人に育てられたのですね。
b0168808_11251645.jpg



また、地元で活動されている「岸重松囃子保存会」のみなさんが、
今年も演奏に来てくださいました。
最年少の踊り手は、なんと4歳の男の子!
地元の伝統文化がしっかりと引き継がれています。
仰向けになり足にお面をつけて演じる ‘足踊り’なども披露され、
お祭りを華やかに盛り上げてくださいました。
b0168808_11253162.jpg



ボランティアの子ども達も、餅丸めや接客対応など大奮闘!
参加者はもちろん、ボランティアのみんなも笑顔が溢れる一日となりました。
b0168808_11254894.jpg



閉会式では、一年間、里山の風景づくりに携わった公園ボランティアへ感謝状が贈られました。
b0168808_112652.jpg


収穫祭当日の協力ボランティアは、のべ74名!
参加者はのべ450名!
b0168808_11262462.jpg



里山三大祭りのラストを飾る‘収穫祭’も、
ボランティアのみなさんの情熱と愛情のおかげで大成功!!
みなさんが生きいきと活動している姿は、すっかりこの里山風景の一つとなりました。

一年間本当にお疲れ様でした。
来年もどうぞよろしくお願いします!
by noyama-p01 | 2011-12-24 11:27 | 公園イベント
混群を探してみよう
冬になると、違う種類の鳥たちが群れをつくる、混群(こんぐん)が見られます。
沢山の鳥たちのにぎやかな声が聞こえたら、どんな野鳥達がいるか眺めてみましょう。

シジュウカラ
b0168808_22211029.jpg

首から腹にかけてのネクタイもよう
がトレードマーク。
「シーシー、ツピーツピー」と鳴きます。



エナガ
b0168808_22212667.jpg

小柄な体に長い尾羽が特徴。枝にさか
さまにぶら下がる事もあります。
「ジュルル…ジュルル…」と鳴きます。



コゲラ
b0168808_22214037.jpg

小さなキツツキ。「コココ…コココ…」
と木に穴を掘る事もありますが、木の皮
のすき間にいる虫も食べています。
「ギー」と鳴きます。



冬の間、身を守ったり、効率よく食べ物を探すためにこれらの鳥たちは群れています。
冬ならではの「混群」を、ぜひ探してみて下さい。
by noyama-p01 | 2011-12-23 22:19 | 見ごろ情報
お正月飾りづくり(12/11)
民家の庭も畑も、霜で真っ白に覆われ、冬本番となったこの日。
わら細工教室受講生の指導の下、「正月飾りづくり」が行われました!
今回、使用したわらは公園の稲わらを利用しています。
b0168808_1825469.jpg


わら細工教室は、里山の人気教室の一つ。年間登録制で月に一度活動しています。
講師は公園ボランティアの尾崎さんと持丸さん。
この日も中心となって指導してくださいました。

まずはわらをすぐります。根に近い部分の袴(はかま)を取り除きます。
見た目もきれいになるだけでなく、作業もしやすくなります。
b0168808_18251484.jpg


きれいにすぐったら、次は一本一本丁寧にわらを綯(な)っていきます。
「髪の毛を編むのとは全然違う!」と苦戦しながらもこの出来栄え。
b0168808_18252418.jpg


わらの束を綯い、円形にすると、本体のできあがり。
b0168808_18253465.jpg


最後に、水引や紙垂(しで)で飾り付けしたら正月飾りの完成です!
b0168808_18254327.jpg


最後は自分の作品を手に記念撮影。
講師の尾崎さんから、「お米は毎日食べるものですが、わらのありがたさも感じてくださいね。」
との言葉をいただきました。
新年を迎える準備が整った、気持ちの良い青空の日曜日となりました。
by noyama-p01 | 2011-12-20 18:28 | 公園イベント
今日のオススメ(12/14)
今日のオススメを更新いたしました。
雑木林の黄葉も終わりを迎え、冬鳥の季節です。
b0168808_9573398.jpg

さくさくの落ち葉を踏みしめながら、野鳥観察をしませんか。
by noyama-p01 | 2011-12-15 10:04 | おすすめ
~森の落し物~冬の里山でペンダントづくり(12/10)
今日は冬の里山でゲームをしたり、鳥の声を聞きながら歩いて森の落し物を探します。
落ち葉や木の実、松ぼっくり・・。見つけたもので里山ペンダントを作りましょう!
どんなペンダントが出来るかな?


冬の里山ではどんな自然に出会えるんだろう。林の中から鳥の声が聞こえてくるよ。
草原ではモグラの穴がたくさんあいているよ。森の中には何があるかな?「西の森」に入ってみよう!
b0168808_2194454.png


いろいろな形の落ち葉や、いろいろな色の木の実。
丸いもの。きれいなもの。かっこいいもの・・・。
お気に入りは見つかったかな?
b0168808_2110077.png


みんなで見せ合いっこしよう!
「せーの!」
色も形も大きさも、みんな全然ちがうね。
同じものなんて一つもないんだね。
b0168808_21101417.png


自然の中で見つけたもので、「里山ペンダント」を作ろう!
今日見たこと。聞いたこと。感じたことを自由に形にしてみよう!
b0168808_2124734.png


どんなペンダントが出来るのかな?
たのしみ、たのしみ・・・。
b0168808_21242058.png


「できたよ!!」
お母さんもにっこり。
b0168808_21251065.png



お姉さんは美味しそうなデザートを作ってくれました。
弟の男の子はとっても不思議な鳥を作ってくれました。
b0168808_21253448.png

みんな素敵なペンダントができたね。
里山にはたくさんの自然があって、いろんな遊び方や、楽しみ方があります。
また里山民家に遊びに来てください!
by noyama-p01 | 2011-12-13 21:04 | 公園イベント
雑木林安全管理講習~伐倒法と安全管理の再確認~(12/4)
11/26(土)、12/4(日)の二日間で、冬の雑木林安全管理講習が行われました。
今回のテーマは、「伐倒方法の基本」と「雑木林管理作業における安全管理の再確認」。
講師は、公園ボランティアにはおなじみ、森林インストラクターの松井一郎氏です。
まずは、座学でスライドを見ながら基本をしっかり学びます!
b0168808_1846573.jpg


座学の後は、雑木林‘丸山’にて伐倒のデモンストレーション。
危険を伴う作業の為、みなさんの目も真剣です。
b0168808_184775.jpg


午後は、班に分かれて伐倒を行いました。
それぞれの班が息の合ったチームワークで作業を進めていきます。
b0168808_18471554.jpg


木が倒れる大きな音と、それに続く歓声が各所で聞こえます!
伐倒の爽快な気分に浸りながらも、作業は続きます。
枝を払い、玉切りし、発生材を適切な場所に整理することも実習の一環です。
b0168808_18472827.jpg


講習後の振り返りでは、「木が倒れる瞬間が最高!」「安全管理の見直しができて良かった。」との声が聞かれました。
木を伐る楽しさと共に、安全管理の再確認ができた、実り多い晩秋の一日となりました。
by noyama-p01 | 2011-12-13 18:50 | 野山北・六道山公園ボランティア