<   2012年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧
里山民家の時間
↓↓写真をクリックすると大きく表示します!
b0168808_20302512.jpg

by noyama-p01 | 2012-01-31 20:29 | レンジャー発 公園トピックス
自然素材を活用した、自分だけのこだわり雑貨づくりに挑戦しませんか?
里山の恵みを活用した暮らしの道具づくりにチャレンジする
「里山スローライフ講座 第3弾(2/12・25)」を開催します!
古民家を中心に、雑木林や田んぼが広がる里山の風景の中で、
材料採取から物づくりをじっくり行う2回連続講座です。
b0168808_11552219.jpg



今回(第3弾)は、日本人の生活には欠かせない「竹」を使って、
自分だけのmy竹箸やサラダトングづくりに挑戦♪

アウトドアはもちろん、普段の生活でも大活躍!
自然素材を活用した自分だけのこだわり雑貨を
暮らしの中に取り入れてみませんか?
b0168808_1155359.jpg



講師は、「長野修平さん(ネイチャーワークス)」。
昔ながらの知恵や技術を大切にしつつ、
現代のライフスタイルに合った作品づくりをされている
ネイチャークラフト作家です!

初めての方も大丈夫!
道具の扱い方や作品の手入れ方法など、
長野さんが丁寧に教えてくれますよ♪

里山スローライフ講座 第3段「竹でつくる暮らしの道具(2/12・25)」 
お申し込みはこちらから
*定員になり次第締め切りです!
by noyama-p01 | 2012-01-30 11:56 | 公園イベント
茅葺き屋根の葺き替えが始まりました! (1/28)
数日前に降った雪がいまだに残り、厳しい寒さが続く里山民家では、
いよいよ茅の葺き替えが、本格的に始まりました!
b0168808_1145863.jpg



遠く宮城県から6名の職人さんが来て、作業されています。
なんと、職歴が半世紀を超える大ベテランの職人さんもいらっしゃるそうです!

今回の葺き替えでは、表面の傷んだ茅を取り除き、新しい茅を差し込んでいく、
「差し茅」という作業を行います。
こちらの大きなペンチのような道具は「ヤットコ」。
b0168808_11452432.jpg



痛んだ茅を引き抜くのに使用します。
b0168808_11454324.jpg


次に、茅を引き抜き、空いた隙間を埋めるために
新しい茅を差し込んでいきます。
b0168808_11455657.jpg



そして、雁木(がんぎ)と呼ばれる道具で「突き均(なら)し」を行い、
平らに均します。
b0168808_11463123.jpg

b0168808_1146193.jpg



これから、2月末くらいまでこうした差し茅の作業が行われます。
滅多に見ることが出来ない伝統の技術をお見逃しなく!
by noyama-p01 | 2012-01-29 11:40 | おすすめ
里山民家のえびす講 (1/21)
「えびす講」とは、一年の無事や感謝・五穀豊穣などを願い、
「恵比寿様」と「大黒様」をお祀りする行事です。
お赤飯、けんちん汁、お頭つきのお魚を神棚にお供えします。
里山民家では、‘里山折紙くらぶ’のボランティアさんが折った
紙の鯛がお魚の代わりです!
b0168808_20202226.jpg



朝から元気な‘伝統食つたえたい♪’の皆さん。
蒸かしたてのお赤飯からは真っ白に湯気が立ち込め、
テキパキとおにぎりをつくっていました。
b0168808_20203619.jpg



お赤飯やけんちん汁などは、来園者や他活動のボランティアさんにも
振る舞われ、「温まる~!」「おいしい!」と大好評。
b0168808_20204778.jpg



恵比寿様と大黒様は、その家に福をもたらす神々で、1月20日に家を出て稼ぎに行き、
旧暦10月20日に帰って来るとも言われます。
お腹一杯食べたえびす様、里山民家にたくさんの福を持って帰ってきてくださいね!
by noyama-p01 | 2012-01-21 20:22 | 野山北・六道山公園ボランティア
雪化粧の里山民家 (1/20)
田んぼから眺める民家は真っ白に雪化粧。
いつも見慣れた風景が、ちょっぴり神秘的に見えます。
b0168808_15204228.jpg



今日は茅葺き屋根の葺き替え作業もお休みです。
しんしんと雪が降り積もる里山民家も風情があります。
b0168808_15205625.jpg



また、調理場では、明日行われる「えびす講」の前日準備が
賑やかに行われました。明日が楽しみですね!
b0168808_1521935.jpg

by noyama-p01 | 2012-01-20 15:21 | おすすめ
第3回ボランティアミーティング (1/14)
今年度、第3回目のボランティアミーティングが行われました!
午前中は公園内を散策し、各活動場所を見ながらの活動報告。
今年度チャレンジしたこと、来年度チャレンジしたいことなど、熱のこもった報告が続きます。
普段はどのような活動を行っているのか、みなさんも興味津々の様子。
b0168808_15253491.jpg



また、毎年恒例の「山の神」も行いました!
日頃の感謝を込めて、雑木林アドバイザーの松井氏に祝詞をあげていただき、
ボランティア活動の安全をみんなで祈願しました。
b0168808_15255554.jpg



午後は、屋内でミーティング。
来年度のボランティア活動についての確認などを行いました。
b0168808_15261090.jpg



活発な意見交換も行われ、皆さんの公園や活動への熱い想いを改めて感じることが出来ました。
来年度も力を合わせて、里山の風景づくりを行っていきましょう!
by noyama-p01 | 2012-01-19 15:22 | 野山北・六道山公園ボランティア
冬の野鳥観察③ ~ 空を舞うタカ ~
冬は葉が落ち、木にとまっている鳥や空を舞う鳥が見えやすい時期です。
特にタカの仲間も見えやすくなるので、見分けのポイントをごく簡単に紹介します。

オオタカ
b0168808_20241635.jpg

カラス位の大きさで白っぽく見え、若い個体は茶色っぽ
く見えます。尾羽や翼に帯もようがあるのも特徴です。




ノスリ
b0168808_20242845.jpg

オオタカよりも更に白っぽく見え、体はずんぐり、尾羽も
短くて幅広に見えます。翼に黒い斑があるのも特徴です。




トビ
b0168808_20244250.jpg

尾羽がバチ状で全体に茶色。
茶色の翼の中に白い班が見えます。あまり羽ばたかず、
尾羽で舵をとるのも特徴です。



小鳥やカラスが急に騒ぎ出した時には、空を見上げて見ましょう。
白っぽい鳥、茶色っぽい鳥が飛んでいたら、それはタカかもしれません。
散策がてら、冬だからこそ見やすいタカ観察にもぜひ挑戦してみて下さい。
by noyama-p01 | 2012-01-15 20:26 | 生き物情報
まゆ玉飾りづくり (1/9)
里山民家のある地元岸では、昔は養蚕(ようさん)が盛んで、
繭の豊作を祈願して、まゆ玉団子を飾ったそうです。
本日は、昔の伝統を守る‘岸まゆ玉保存会’の皆さんにご協力いただき、
「まゆ玉飾りづくり」が行われました。

団子づくりは、まず、上新粉に熱湯を加えながら少しずつこねていきます。
この上新粉は、公園の田んぼで収穫されたお米を挽いたものです。
b0168808_16355898.jpg



充分にこね、耳たぶの固さくらいになったら丸めて団子にします。
そして、せいろで15分ほど蒸すと完成!
b0168808_16361638.jpg



ちょうどそのころ、男性ボランティアの皆さんが、
公園の雑木林から切ってきた飾り付け用の木を持って登場!
この日の為に去年から形の良い木を選んでいてくれました。
b0168808_16364572.jpg



母屋の板の間にそれぞれ木を設置したら、みんなで飾り付けていきます。
団子と一緒に小粒のみかんも飾ります。みかんももちろん公園産。
b0168808_1637160.jpg



飾り付けが終わったら、みんなで記念撮影。
まゆ玉飾りが皆さんの素敵な笑顔を引き立てます。
b0168808_16371665.jpg



「すごい!きれいですね!」と来園者の皆さんからも大好評!
今日から2週間ほど母屋に飾っていますので、
ぜひ、見学にいらしてください。
*まゆ玉飾りづくりは、本来、小正月前日の14日に行われます。
by noyama-p01 | 2012-01-10 16:38 | 野山北・六道山公園ボランティア
みんなであったかお餅つき(1/8)
今日は有志のボランティアの皆さんで餅つきをしました!
もち米はもちろん公園産です。
暖かい日和ということもあり、餅をつき始めた正午頃、
前庭ではたくさんの来園者が見学に集まってきました。
まずは、公園ボランティアの皆さんによる息の合ったお手本!
b0168808_16181064.jpg



子ども達もお餅つきに挑戦!
小さな手でぺったんぺったん!
「ヨイショ!」の掛け声も入ります。
頑張るかわいい姿にみんなも思わず笑顔に。
b0168808_16182355.jpg



みんなでついたお餅は「すごくおいしい!」と大好評!
b0168808_16183430.jpg


畑で収穫した野菜を使ったお吸い物も振る舞われ、
今日も里山民家はたくさんの笑顔が溢れる一日となりました。
by noyama-p01 | 2012-01-09 16:19 | 野山北・六道山公園ボランティア
オギ(ススキの仲間)で‘ほうき’づくり!(1/9)
里山スローライフ講座の第2弾「里山素材のそうじ道具」では、
オギ(ススキの仲間)を活用した‘ほうき’づくりを行いました!
2回連続講座1回目の今日は、材料採取とオギだけで創るほうきづくりです。

講師は、おなじみ‘長野修平さん(ネイチャーワークス)’です。
まずは、里山スローライフ講座の醍醐味である材料採取から。
今回の材料は、湿った場所に生えている‘オギ’。
ススキによく似た仲間ですが、ススキよりも粘りがあり丈夫で、
ほうきに適した素材です。
b0168808_16243710.jpg



長野さんにポイントを教えてもらい、さっそく作業スタート!
刈り取ったオギを整理し、丁寧に種を取っていきます。
b0168808_16245271.jpg



「すごくきれいな小金色!」「茎がつるつるでキレイ!」
みんなで力を合わせて作業を進めるうちに、
ただの風景の一部だったオギが、
一つ一つが愛おしいほうきの材料に変身していきます。
b0168808_1625467.jpg



午後からは、レクチャーを受け、さっそくほうきづくりにチャレンジ!
茎をそのまま活用した、オギだけでつくるほうきを創ります。
b0168808_162517100.jpg



自分で採取した材料だけあって、一本一本丁寧にオギを扱います。
完成したときの喜びはひとしお♪
b0168808_1625287.jpg



みなさんの想いとこだわりが詰まった、ステキなほうきが次々完成!
次回は、雑木林の枝を使って、柄付きのほうきづくりにチャレンジします。
今度はどんなほうきになるか、楽しみですね♪

*第3弾「竹でつくる暮らしの道具(2/12・25)」では、
竹のmyお箸とサラダのトングづくりに挑戦します。
申込締切は、1月27日(金)まで。お申込みはお早めに!
by noyama-p01 | 2012-01-09 16:19 | 公園イベント