<   2012年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧
伝統のわら細工を学んでみませんか? (3/24)
現在、平成24年度の「わら細工教室」受講生を大募集!
年間登録制で、月に一度、わら細工の技術を学ぶ教室です。
しっかりと技術を身に着けたい!という方にお勧めです。
もちろん、初めての方も大歓迎!
b0168808_18455427.jpg



講師は、確かな技術と丁寧な指導で信頼が厚い尾崎亨さん
(野山北・六道山公園ボランティア)。
また、サポートボランティアによる細やかな対応も好評で、
「家に帰っても自分で作れる!」とみなさん大満足です。
b0168808_1846753.jpg



教室で作成した作品の一部をご紹介します♪
b0168808_18461756.jpg

b0168808_18462697.jpg

材料は、公園の田んぼで収穫された稲わらを使用します。
里山の穏やかな空気の中で、昔ながらの智恵と活用法を学んでみませんか?
ご応募はこちらからどうぞ!皆様のご参加、お待ちしています!
by noyama-p01 | 2012-03-25 18:46 | イベントのお知らせ
みかん畑の手入れ(3/18)
甘酸っぱくて美味しい!と評判の公園のみかん。
無農薬で、ほとんど手をかけずに、
毎年おいしいみかんを楽しませてくれる畑が自慢でした。
今回は、「食べるだけでなく、畑の手入れもやってみよう!」と、
ボランティアのみなさんからの提案で、みかん畑の手入れを行いました。
b0168808_18501789.jpg



みかんの剪定は素人には難しいとのことで、
チャノキやヒサカキなどを刈り込む周囲の手入れを中心に作業。
普段雑木林で活動しているメンバーも、日頃の技術をいかんなく発揮!
みるみるきれいになっていきます。
最後は、刈った枝でそだ柵をつくり、みんなで記念撮影♪
b0168808_18502974.jpg



斜面で足場が悪く、決して楽ではなかった今回の作業。
美味しいみかんを思い浮かべながら頑張りました。

本当にお疲れさまでした!そして、ありがとうございました!
今年の収穫が待ちきれませんね♪
by noyama-p01 | 2012-03-22 18:48 | 野山北・六道山公園ボランティア
里山民家の葺き替え作業もいよいよ終盤! (3/13)
年明けから、本格的な作業が始まって、2ヶ月が過ぎました。
茅の葺き替え部分は、ほぼ終了です。
b0168808_20285391.jpg



現在は、屋根の一番高い棟の部分を作業。
茅の上に杉の皮を葺き、竹で覆っていきます。
職人さんも仕上げの作業に真剣そのもの!
b0168808_2029621.jpg



まだまだ途中ですが、断面は、このようになります。
b0168808_20291642.jpg



職人さんは、毎日屋根に上って、宮野入を見下ろしています。
どんな風に見えているのでしょう?
屋根の上から見た、宮野入と丸山はこちら!
b0168808_20292614.jpg

b0168808_20294122.jpg



まるで、鳥になったような気分ですね!

葺き替え作業も、残りわずか。
貴重な作業の様子をお見逃しなく!
by noyama-p01 | 2012-03-14 20:29 | おすすめ
どんぐりの苗を植えよう! (3/11)
いつも雑木林で下草刈りや除伐などを行っている雑木林ボランティアの皆さん。
‘伐る’だけでなく、‘育てる’こともぜひやろう!との声があがり
「どんぐりの苗を植えよう」イベントが行われました。

本日3/11は、東日本大震災から1年になる節目の日。
植林の前に、みんなで被災地への祈りを込めて黙祷(もくとう)をしました。

まずは、‘森の先生’松井さんから、苗植えのデモンストレーション。
b0168808_21502559.jpg



そして、苗植えスタート!
今回植えるのは、「コナラ」の苗。
ボランティアが大事に育てて来ました。
親子で仲良く苗を植えていきます。
b0168808_21503531.jpg



今はまだ、みんなより小さな木だけれど、
いつかみんなより大きな木になるのが楽しみですね。
植林後は、子どもたちからこんな感想が。
b0168808_21505394.jpg



苗木を植えたことは、まだ始めの第一歩でしかありません。
夏を迎える前にはきっと草に覆われてしまうでしょう。
大きく成長していくためには、下草刈りなどの手入れが必要になります。
ぜひまた活動に来て、みんなで大切に成長を見守っていきましょう!
b0168808_21511617.jpg



ここから、未来の雑木林ボランティアが誕生するかも!?
雑木林ボランティアのみなさん、準備から片づけまでお疲れ様でした!
by noyama-p01 | 2012-03-11 21:52 | 公園イベント
来年度へ向けてのボランティアミーティング (3/4)
今年度を締めくくる第4回ボランティアミーティングが行われ、
H23年度の各活動報告とH24年度の活動予定の共有をしました!
まずは、スライドを見ながら、4月から順に一年の活動の流れを振り返り。
みなさんの活きいきとした写真から、今年度の充実した活動が想い出されます。
b0168808_1318134.jpg



その後は、それぞれのグループから、来年度の活動予定や意気込みなどが発表されました。
月ごとの活動回数が増えたり、活動面積が広がったり、
新しいことにチャレンジしたりといった活動も多く、
来年度も更に精力的な活動が期待できそうです!
by noyama-p01 | 2012-03-11 13:18 | 野山北・六道山公園ボランティア
竹でつくる暮らしの道具(2/12・25)
里山スローライフ講座の第3弾「竹でつくる暮らしの道具」が行われました!
講師は、おなじみ‘長野修平さん(ネイチャーワークス)’です。
2回連続講座の第1回目は、竹を使って‘マイ箸’づくり、
第2回目は竹の‘トング’づくりでした。

まずは、第1回目の様子から。
里山スローライフ講座は材料採取から始まります。
長野さんから、「材料に適した竹の選び方」や「伐採の仕方」などのレクチャーを
いただきながら、公園の竹林から竹を切り出します。
b0168808_2213272.jpg



作る箸の長さに合わせて切り出していきます。
だんだん細かくなっていく作業に皆さんも真剣そのもの。
b0168808_2214554.jpg



形を整え、やすりを使って丁寧に磨いている様子からは、
理想の作品づくりへの強い想いが感じられました。
b0168808_2215419.jpg



午後からは、箸入れづくり。
真竹と虎竹から好きな方を選び、デザインもその人によって違う、
世界で一つだけのオリジナル箸入れが完成!
b0168808_222487.jpg



「会心の出来!」「里山民家に来るときに、持ってきます。」など、
皆さん大満足だったようです!

続いて、第2回目の‘竹トング’づくり。

切り出しまでは前回とほぼ同じ作業内容ですが、
今回はだんだんと難易度が増してきます。
2本に切り出した竹を削って、持ち手の連結部を合わせます。
少しでも角度が合わないと歪んでしまい、うまく物が挟めなくなってしまう繊細な作業。
b0168808_2222022.jpg



最後は、銅線を巻いて固定すると完成です。
長野さんによれば、銅は殺菌作用があるため台所道具にはもってこい!だそう。
b0168808_2223323.jpg



「箸づくりよりも難しかった。」と苦戦した今回の‘トング’づくり。
完成した作品がこちら!
b0168808_2224280.jpg



これで今年度の里山スローライフ講座の全講座が終了!
「物づくりの楽しさだけでなく自分を見つめる機会にもなったような気がします!」との声も。
物づくりの‘スロー’な時間から、きっと大切な何かを学べるこの講座。
来年度は一体どんな作品・人びとに出会えるでしょうか?
by noyama-p01 | 2012-03-10 21:59 | 公園イベント
啓蟄(けいちつ)の里山民家 (3/6)
朝の雨から一転、お昼頃からは、早春の日差しが心地良い天気となりました。
暦の上では、二十四節気の「啓蟄(けいちつ)」。
これは、地中で冬ごもりをしていた生き物たちが、早春の光を浴びて、
土を啓(ひら)き、這い出してくる季節を表しています。
今日は、まさに「啓蟄」の名にふさわしい日でした!
b0168808_14493367.jpg



待ってました!とばかりに、宮野入谷戸ではアカガエルたちの大合唱!
雑木林や道端でも、水辺を目指すカエルたちに出会うことができました。
b0168808_1449468.jpg



池や湿地は、卵でいっぱい!
もう少しすると、オタマジャクシで大賑わいになりそうです。
b0168808_14495897.jpg



子供たちが大好きな、アメリカザリガニも目を覚ましていました。
大きくて真っ赤で、立派なザリガニ。
まだ起きたばかりなのか、動きが遅く、簡単に捕まえることができました。
b0168808_1450858.jpg



捕まえてみて発覚!
実は、お腹にたくさんの子供達をかかえた、お母さんでした。
(茶色のかたまりが、孵化したばかりの小さなザリガニたち)
b0168808_14501934.jpg



そんな、カエルやザリガニたちを狙ってか、
田んぼにはアオサギが1羽じっと佇んでいました。
(写真の中央の白い鳥がアオサギ)
b0168808_14503022.jpg



生き物たちが、動き出すこの季節。
暖かい日には、公園に足を運んで、
春の訪れを感じてみてはいかがでしょうか。
by noyama-p01 | 2012-03-07 14:56 | 生き物情報
早春の里山で生き物を探そう!(2月26日)
今日は早春の里山を歩きます。どんな生き物に出会えるでしょうか。
出発前に、みんなで双眼鏡の練習をしました。
バードウォッチングをしたことがない人でも大丈夫です。
初めての体験に期待が高まります。
それでは出発しましょう!
b0168808_19394822.png



田んぼでセグロセキレイを発見!さっそく双眼鏡を使ってみましょう。
子どもも一生懸命観察しています。
「2羽いるのはオスとメスで、毎年この田んぼで子育てをしているんだよ」
b0168808_193959100.png



ヤマアカガエルの鳴き声が聞こえてきました。
溜池にはアカガエルの卵塊がたくさんあります。
少しさわってみましょう。ツルツルして手からこぼれそうです。
初めての体験に子どもたちも大喜びでした。
b0168808_19401437.png



タヌキやヘビ、大きな鳥などカエルを食べる生き物を紹介しました。
食うもの、食われるもの・・命の繋がりと大切さのお話をみなさん真剣に聞いてくれました。
b0168808_19402414.png



モズが園路近くの木に止まっていました。
スコープを使ってじっくり観察しましょう。
クルクル尾を回しています。エサを捕りに何度も地面に降りては枝に戻ります。
大人も子どもも全員見ることができました。
b0168808_19404452.png


オギ原の中にあるカヤネズミの巣をみんなで探しました。
生息地が減ったため数が少なくなったとても小さなネズミです。
この巣は今は使われていませんが、ボランティアの方と一緒に
保全に取り組んでいます。
b0168808_19405432.png



アカガエルや鳥たちのにぎやかな声は、もうすぐ暖かい春が来るのを教えてくれます。
今日見つけたアカガエルの卵がオタマジャクシになり、カエルになる。そんな変化をご家族でまた見に来てください。その頃には鳥たちも美しいさえずりをきかせてくれるでしょう。
本日はありがとうございました。
by noyama-p01 | 2012-03-03 19:43 | ガイドウォーク