春の足音
水面凍る厳しい冬が終わりました。まだまだ寒い日は続きますが、春は着実に近づいています。ここ数日、久々の雨と気温の緩みが重なる日がありました。にわかに谷戸が、カエルの歌声で賑わっています。
b0168808_12435239.jpg


アカガエルの産卵シーズンです。いったいどこに、こんなに隠れていたのかと思うほど、たくさんのカエルが水辺に集っています。あっけにとられているこちらを尻目に、恋路に励むアカガエルたち。その結晶はとても綺麗で、まだ人間の手には厳しい水の冷たさも忘れて見入ってしまうほどです。
b0168808_1244572.jpg


アカガエルの産卵が収まると、次はヒキガエルやシュレーゲルアオガエルのシーズンが続きます。これから里山の水辺は大忙し。ぜひ来て、見て、聞いて、季節の移り変わりを感じてください。
# by noyama-p01 | 2012-02-28 12:45 | 生き物情報
素朴な味“さつま団子”(2/19)
みなさん「さつま団子」ってご存知ですか?
その名の通り、さつまいもの粉で練ったお団子です。
戦時中には、貴重なおやつとして、地元岸では食べられていたそうです。
b0168808_2102593.jpg




さつま粉は始め、白っぽい色をしています。
熱湯を入れてかき混ぜると、不思議なことにだんだんと茶色に!
伝統食つたえたい♪の皆さんによれば、
「さつまいものアクのせいで色が変わる。」そうです。
b0168808_2103686.jpg




充分にこねたら、手のひらに収まるくらいの大きさにちぎって、
にぎにぎにぎ♪
見た目は、皮のない茶色の餃子みたい!?
b0168808_210475.jpg




蒸籠(せいろ)で20分ほど蒸したらできあがり!
一段と色も濃くなり、つやつやに!
b0168808_2105644.jpg




来園者の皆さんも、「懐かしい。」「素朴な味だ。」と昔ながらの味に舌鼓♪
砂糖を使わず素材を活かしたサツマイモそのものの味。
現代の私たちには、とても懐かしい味がしました。
# by noyama-p01 | 2012-02-25 21:01 | 野山北・六道山公園ボランティア
里山の風景づくり、新メンバー募集中! (2/21)
雑木林や田んぼ、畑、伝統食など里山の風景づくりを行っている
「野山北・六道山公園ボランティア」。
東京とは思えないほど、ほっこりする里山の風景の中で、
子どもから、20代~70代まで様々な年代の方、約300名が、
それぞれのライフスタイルに合わせて、賑やかに活動しています!

現在、新しいメンバーを募集中!
興味がある方は、「H24年度の登録ボランティア説明会」に、
ぜひご参加ください!年間登録制ですので、この時期をお見逃しなく。
b0168808_1402879.jpg



2月21日(火)に第1回目の説明会が行われましたので、
その様子をご報告します♪
まずは、活動場所のご案内から。丹レンジャーの紙芝居で、
公園の歴史や関わる人の想いをご紹介しました。
b0168808_1644346.jpg


ここでは、雑木林・田んぼ・畑をはじめ、農芸、伝統食など、
里山の風景づくりに関わる15種類以上の活動があり、
それぞれの興味や体力に合わせて、マイペースに活動しています。
実際に活動しているボランティアから、
取り組みや楽しみについて、熱いメッセージも。
b0168808_1645410.jpg


ぐるりと活動場所を見学した後は、室内で具体的な説明を行いました。
公園のこと、活動のこと、登録方法など丁寧にご説明します!
b0168808_16452017.jpg


そして、「よし!登録しよう!」と思ってくださったら、
登録用紙を提出いただきます。
この日は、さっそくその場で書いて提出してくださった方も!

この説明会は、「参加してみたいけど…どんな活動しているの?」
「来年度、新たに登録したいんだけど…」という方を対象にしています。
興味がある方なら、誰でも参加できます!お気軽に参加ください。
*説明会を聞いて、納得いただいた方に登録いただきますので、
説明会に参加したからといって、必ず登録しなければいけない訳ではありません!

また、残り2日間の日程(②2月26日、③3月3日)で、
都合がつかない方は、ボランティア事務局までご相談ください。
「H24年度ボランティア説明会」の詳細はこちら。皆さまのご参加、お待ちしています~!
# by noyama-p01 | 2012-02-24 13:57 | 野山北・六道山公園ボランティア
茅葺き屋根の葺き替え技術~ (2/2,2/4)
茅葺き屋根の葺き替え工事が行われている里山民家で、作業の見学イベントが行われました!
今では滅多に目にすることができなくなった貴重な葺き替えの様子を、
ぜひ、多くの方に間近で見ていただきたいと、
西部公園緑地事務所と茅葺職人の皆さん、設計会社の皆さんと一緒に実施したものです。
b0168808_20551164.jpg



公園スタッフは、地元の伝統羽織‘村山大島紬’に袖を通し、お出迎えしました。
民家にはぴったりの衣装で、参加者の皆さんからも大好評!
b0168808_2055202.jpg



今回、見学イベントのために特設デッキが登場。
屋根を間近に見られる高さに設置されているため、
安全帯の装着をしていただきました。
「安全帯」と呼ばれるベルトは、初めて付ける方も多く、
「なんかかっこいいね!」と嬉しそうな声も。
b0168808_2055314.jpg



見学デッキでは、茅葺き職人の武山親方と舩木(ふなき)氏が職人の技をご紹介。
子どもたちも、親方の丁寧な説明と初めて見る道具に興味津々!
「僕もこの道具作りたいなぁ。」
「じゃあ、将来は茅葺き屋根職人だな!」
このイベントがきっかけで、未来の職人が誕生するかもしれませんね。
b0168808_20554473.jpg



見学だけではなく、パークレンジャーによる
「茅」にまつわる話や母屋の歴史についての解説も行いました!

大畑レンジャーからは、今回使われている材料の「茅」についての説明や、
その茅と密接に関わりを持つ生き物たちについてのお話。
b0168808_20565252.jpg



丹レンジャーからは、母屋の特徴や成り立ちについてのお話。
「座敷から奥に行くにつれて壁や建具が変わり、お部屋の格が上がっていきます。」
初めて来た参加者の方も、いつも来ている公園ボランティアの参加者の方も、
「へぇ~。」と深くうなずいていました。
b0168808_205727.jpg



2日間で、参加者数のべ88名!
大盛況のうちにイベントを終えることができました。

葺き替え作業は、3月上旬まで行う予定です。
茅葺き作業を見られる期間も後わずか。
まだ来園されていない方はぜひ、お越しください!
スタッフ一同お待ちしています。
# by noyama-p01 | 2012-02-14 20:53 | 公園イベント
田んぼ、年中無休。
↓↓クリックすると大きく表示。
b0168808_20433686.jpg

# by noyama-p01 | 2012-02-12 20:43 | レンジャー発 公園トピックス